HOME»  診療案内

目黒区・学芸大学駅近くの皮膚科・小児皮膚科、さくらんぼ皮膚科。学芸大 祐天寺 都立大エリア。

contents

診療案内

【診療科目】皮膚科・小児皮膚科
皮膚疾患全般・小児皮膚疾患全般
ケミカルピーリング・ピアス穴あけなどの美容皮膚科

 

小児皮膚科

小児の皮膚疾患には血管腫、母斑、肥満細胞腫など生後すぐからみられる先天的な皮膚疾患があります。日常的に多く見られる疾患には乳児脂漏性皮膚炎、おむつ皮膚炎、汗疹、虫刺症などがあります。また、アトピー性皮膚炎、じんましん、とびひ、水いぼ、その他のウイルス性発疹症などの疾患があり、子供に多く特有と思われますが、大人にもみられます。

詳しくは小児皮膚科のページをご覧下さい。

 

美容皮膚科

当院では基本的に患者様のご負担の少ない保険診療を主体に治療を行っております。しかしながら、肌荒れやシミ、くすみ、毛穴のつまりなどの美容相談も多くあります。保険の治療とは、別の観点からスキンケアを行うことで、さらに美しい肌になることができる場合があります。

詳しくは美容皮膚科のページをご覧下さい。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。またアトピー素因とは、「(1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれか、あるいは複数の疾患)、または(2)IgE抗体を産生し易い素因」と説明されています。
症状はかゆみを伴う発疹で、皮膚が乾燥してざらざらすることが多いです。肘や膝の内側のくぼみ、顔、首などによく現れます。病因としてはほこり・カビ・ダニなどのアレルギーによる場合と、アレルギーが認められない場合に分かれます。遺伝子の関わりも研究されています。

詳しくは一般皮膚科・アトピー性皮膚炎の箇所をご覧下さい。

 

じんましん(蕁麻疹)

じんましんは全身もしくは一部の皮膚に、大小さまざまな発疹が現われ、強いかゆみを伴う症状です。発疹は数分から数時間で消えてなくなります。アレルギー体質の人に多く見られるともいわれますが、外部刺激やストレス、食品(サバ、エビ、卵など)などでも起きますので、はっきりとは原因は分かっていません。
原因が分かっている場合には、その物質との接触を避けます。抗アレルギー剤やステロイド剤を使うこともあります。

 

ニキビ

毛穴に皮脂や汚れがたまるとアクネ菌という菌が増殖し、皮膚の炎症がおこります。基本的なスキンケアや規則正しい生活で症状を抑えたり、予防したりすることもできますが、化膿したり・膿が出るようになってしまうと、自己流のスキンケアでは対応が難しくなってしまいます。
外用薬だけでは改善しないこともありますが、その場合は内服薬・ピーリングも効果的な治療法です。

 

水虫(足白癬)

皮膚糸状菌(白癬菌:カビの一種)が足に感染して起こる病気です。足が不潔な状態のときに起こりやすいのですが、感染の機会は非常に多くあります。家族内に白癬菌の感染者がいる場合、同じ施設での集団生活、プールや共同浴場の利用などは特に感染の危険性が高くなります。

 

湿疹

湿疹には様々な種類があり、貨幣状湿疹、主婦(手)湿疹、汗疱、乾燥性湿疹などが含まれますが、どれも赤み、かさつき、かゆみを伴い、皮膚がむけたりすることもあります。
ステロイド剤や保湿剤の外用薬にて処置をすることがほとんどですが、症状によっては、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服を併用することもあります。

 

イボ

パピローマウイルスによって起こるウイルス性イボと、皮膚の老化によって生じる老人性イボがあり、症状は多少異なります。

●ウイルス性イボ
・青年性扁平疣贅・・・女性の顔面に多く見られ、米粒大の盛り上がったしこり
・尋常性疣贅・・・表面がざらざらとした硬くて小さなしこり

●老人性イボ
年配の方の顔面によく見られ、褐色から黒色をしているざらざらしたしこりです。
悪性化の恐れはほとんどありませんが、かゆみを伴うことがあります。
液体窒素の冷凍凝固治療が基本ですが、イボの種類や状態によっては、色素沈着を起こしたり、効果が少なく、根治までには複数回行う必要があります。

 

その他

その他に、虫さされ、とびひ、やけど、乾燥 など皮膚のトラブルはたくさんあります。また、「最近肌荒れする」「スキンケアの方法が知りたい」「ウオノメが痛い」など皮膚のことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。